4・24 沖縄に基地はいらない!福岡市民集会

4・24 沖縄に基地はいらない!福岡市民集会
講演:伊波洋一・宜野湾市長


 昨年の総選挙で民主党・鳩山代表は「普天間基地の移設は最低でも県外だ」と主張し、沖縄のすべての選挙区で当時の自公政権に反対する候補が当選しました。これを契機に「普天間の県内移設反対」の声が急速に高まり、名護市では「辺野古に新基地をつくらせない」ことを公約した稲嶺進氏が市長に当選しました。また沖縄県議会は「普天間基地撤去・県内移設反対」を全会一致で決議し、4月には超党派で10万人規模の県民大会も予定されています。
 しかし、鳩山首相や平野官房長官は「アメリカにも沖縄県民にも理解が得られる案をつくり、3月中に候補地を絞り込み、5月には移設先の結論を出す」として、「キャンプ・シュワブ陸上案」を軸に移設候補地を決めようとしています。政府は移設先探しに躍起になっていますが、候補地ではどこでも強い反対に直面しています。
 そもそもアメリカ海兵隊は日本を守る「抑止力」なのでしょうか? アフガニスタンやイラクで多くの人々を殺戮し、沖縄で多大な基地被害を出し続ける米軍に多額の税金をつぎ込むことは許されることなのでしょうか? 普天間基地は「移設」ではなく「閉鎖と撤去」以外に問題の解決の道はありません。
 このたび、普天間基地を抱える地元・宜野湾市の伊波洋一市長を福岡に迎え、講演会を開催することとなりました。伊波市長は就任以来一貫して米軍基地の撤去を訴えて、沖縄県民の先頭に立って奮闘してこられました。伊波市長とともに、「いかにして基地を撤去し、平和な沖縄、平和な日本を創っていけるのか」皆さんとともに考えていきたいと思います。

講師:伊波 洋一(いは・よういち)さん
   沖縄県宜野湾市長

日時:2010年4月24日(土) 開場13:30 開会14:00
   集会終了後、会場から天神までピースパレードを予定

会場:福岡市民会館 小ホール
    福岡市中央区天神5丁目1番23号(須崎公園・県立美術館となり)
    西鉄バス「市民会館前」下車/地下鉄・西鉄「天神」駅より徒歩約15分

入場料:500円(高校生以下無料)

主催:沖縄に基地はいらない!福岡市民集会実行委員会
 呼びかけ・連絡先:沖縄とむすぶ市民行動・福岡
           TEL 090-1364-2261(木下)
           E-mail okimusuアットマークfukuoka.nifty.jp
           福岡市東区舞松原5-27-25 おかもと小児科クリニック気付
           ホームページ http://kshibata7.cocolog-nifty.com/okinawa/
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL