心の傷も体の傷もそう簡単には治らない(追記あり)

AKB48大島涼花と高橋朱里が公演途中で消える…事件後初公演

AKB入山杏奈まだ入院してるらしい「ずーーーーっとパジャマだった」


フジテレビ「バイキング」に復帰した川栄李奈についても、本当に大丈夫なのかどうか。まだ指は動かせないらしいし。

大島涼花(15)は事件当時、川栄・入山と同じレーンで二人の隣、高橋朱里(17)は隣のレーンにいて、事件を直接目撃している。

スタジオ収録や、観客との距離が遠い味の素スタジアムのような大会場でのコンサートは大丈夫でも、観客との距離が近い劇場公演では、まだメンタルが無理なのかもしれない。

総選挙が終わって、だんだん事件のことが忘れ去られようとしている。
「犯人」は現在鑑定留置中で、結論が出るまであと数ヶ月はかかるだろう。
握手会・写メ会等の接触系イベントの再開の目処はまだ立たない状況だが、「再開」の大合唱の圧力の前に、心の傷を負ったメンバーへの配慮が置き去りになるようなことは許されない。

一方で、最近若いメンバーのGoogle+などでの「暇」「オフ」投稿が目立つ。握手会などが軒並み中止(正確には延期)になってしまったからだが、ただでさえ“仕事”の少ない“干されメン”にとっては厳しい状況が続く。モチベーションが保てなくなって、心を病んで辞めていくメンバーが続出する事態を危惧する。


(追記)
やはり、あかんかった模様。



 
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL