福岡県警機動隊は高江に行くな!

沖縄県東村高江の米軍北部訓練場内にて日本政府が進めるヘリパッド建設工事を強行するため、本土から機動隊員が派遣されている。

 

第一陣が沖縄入りし、その中には福岡県警の車両もあったことが車のナンバーから確認されている。

 

「東村高江警備派遣名護入り 全国から機動隊 第1陣前倒し」(沖縄タイムス)

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=178788

 

ひとまず、以下の抗議文を福岡県警ホームページの「苦情等コーナー」のメールフォームより送った。

(ブラウザによってはアクセスできない場合あり。Firefoxでは 「安全な接続ができませんでした」として接続を拒否られました)

http://www.police.pref.fukuoka.jp/somu/sodan/complaint/complaint.html

https://www.police.pref.fukuoka.jp/mailform/soudan.html

 

 

【表題】

沖縄県東村高江への福岡県警機動隊派遣を中止せよ

 

【内容】(必須)

7月17日付沖縄タイムズの報道によれば、日本政府(防衛省沖縄防衛局)が住民の反対を押し切って強行しようとしている沖縄県東村高江の米軍北部訓練場内のヘリパッド建設工事に向けて、警備に当たる全国からの機動隊第1陣が16日沖縄入りし、その中に、車のナンバーから見て福岡県警の車両も確認されている。
当該工事は、北部訓練場の「過半の返還」を謳いながら、現実には地元高江集落を取り囲むようにヘリパッドを新設するものであるが、すでに1ヶ所が完成して昼夜を問わず普天間基地のMV22オスプレイが離着陸をおこない、住民は騒音や低周波振動により寝ることも出来ない深刻な被害を受けている。防衛省沖縄防衛局は住民になんら納得できる説明もしないまま、暴力的に工事を着工し、住民は非暴力の座り込みでこれに対抗している。
先の参議院選挙でも、高江ヘリパッド建設に明確に反対する候補者が現職の沖縄担当大臣である建設推進の候補者を大差で破って当選し、沖縄県民の民意が明らかにされたが、その投票日の翌日に防衛省沖縄防衛局が大挙して高江に押し寄せ、そして座り込む住民を強制的に排除してでも工事を強行することを明らかにした。
報道によれば、高江での工事強行にあたり、沖縄県警のみならず、本土からも500名規模の機動隊員を派遣して「警備に当たる」と伝えられている。人口150名ほどの高江集落を500名の機動隊で制圧しようというのか。名護市辺野古のキャンプ・シュワブのゲート前に本土から100名の機動隊員が動員されて大問題となったが、その5倍の人数を投入して、住民の声を圧殺するというのか?
このような暴挙に、福岡県警の機動隊員が動員され、私たち福岡県民の税金が使われることは、一福岡県民として到底容認できない。福岡県警は高江に派遣した機動隊員を即刻福岡に帰すことを求める。

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL